So-net無料ブログ作成

予期せぬ依頼

ご訪問有り難うございます。
千葉市中央区で行政書士をしている佐藤博英です。

今日は、午前中クライアントさんへ伺い、「貸金業に関する届出書」に捺印をして頂き、その足で、県庁へその届出書を提出。

その後、市役所へ行き、「建設業更新許可申請」を行わなければならないクライアントさんの役員に関する「住民票の写し」を取得。
ここで、午前の業務が終了。

昨日の時点で想定していた本日の午後の業務は、次の2点でした。

a.「身分証明書」が昨日までに郵送されてきたクライアントさんの「建設業更新許可申請書類」をまとめ上げ、明日提出できるような状態にすること。

b.今月下旬から2月までに提出しなければならない「建設業更新許可申請書」を合計2社分作成し、いつ伺っても捺印が可能な状態にすること。

市役所から戻ると、固定電話にクライアントさんから着信履歴があったので、「今年も12月に役員が変更になるのかな?」と思い、電話をしてみると「解体工事業の追加申請をしたいので、申請要件や必要書類などを教えて欲しい。」という全く想定外の内容。

来週以降になると、他のクライアントさんとの打ち合わせが立て続けに入ることになりそうなので、急遽、今週末に打ち合わせを行うことにしました。

とはいえ、今日予定した業務を全て終了させたかったので、資料作りなどは一旦保留。

前述のaとbの業務をこなしている最中も、頭の半分は、「解体工事の資料をどうまとめようか。1年以上の実務経験はあったかな?」が占めていて、なかなか集中できませんでした。

それでも、夕方には当初の業務を終わらせることができ、まずは過去の「事業年度終了届」から1年以上の解体工事の実績があったかどうかの確認作業を行いました。

明日は申請書類の提出や別のクライアントさんとの打ち合わせが入っているので、今日のところは資料の元ネタを揃えた程度で終わらせ、14日に一気に説明資料などを作成します。

実は、昨年の経営事項審査申請と今年の経営事項審査申請を行う際、「解体工事はどうしますか?」と確認したのですが、結論が出なかったので、必要ないのだろうと勝手に推測していました。
なので、予期せぬ依頼となりました。
12月中旬に必要書類などの説明を行っても、今月28日までに書類が揃うのは無理でしょう。
できれば、先月までか、来月以降に依頼をして欲しかったというのが正直な気持ちです。

行政書士 佐藤博英のwebサイト
(建設業許可申請、産廃収集運搬業許可申請などの許認可申請をサポートいたします)
http://www.satoh-office.jp/

佐藤行政書士事務所のwebサイト
(建設業、産廃収集運搬業、宅建業などの申請手続をサポートします)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hsato/



行政書士ランキング
nice!(0) 

nice! 0