So-net無料ブログ作成

こんなこともあります

ご訪問有り難うございます。
千葉市中央区で行政書士をしている佐藤博英です。

今日は午前中、市内の貨物自動車運送事業を行っているクライアントさんへ伺い、毎年提出しなければならない「事業報告書」と「実績報告書」で必要になる決算書類やデータなどを預り、その後、千葉地方法務局に行き、横浜市内にある宗教法人の履歴事項全部証明書を取得しました。

この宗教法人は、今月11日に伺ったクライアントさんですが、基本財産の変更登記が今日完了する予定であると、事前にそのクライアントさんから連絡をもらっていたので、登記完了後の証明書を取りに行ったわけです。時々、証明書を取りに法務局へ行ったものの、登記中で証明書が取れないといったこともあるので、少々不安でしたが、すんなりと取得でき、安心しました。

行政書士なのに、毎日のように法務局へ行っていますが、知事や国の出先機関に届出書を提出する際、登記事項証明書を付けなければならない届出があるので、仕方ありません。
で、同業者と一番多く会う場所が実は法務局なのです。届出書の提出先である千葉県の出先機関や、千葉県庁内で会ったことがない人でも、法務局ではよく会う人がいます。

事務所に戻ってから、その宗教法人に関する「事務所備付け書類の写し」と「基本財産総額変更登記完了届」をまとめ上げ、神奈川県庁へ郵送で提出しました。
この2点も、毎年提出が義務付けられているものです。
先月、神奈川県庁のホームページで担当部署名などに変更がないこととと、郵送提出でも構わないことを確認しておきましたが、4月に担当部署名が変わったり、提出方法も変わることもあるので、念のため、再度、神奈川県庁ホームページで、先月確認した情報に間違いがないことを確認し、その上で郵送。今回でこの届出書の提出は10年超となりますが、毎年、部署名と提出方法に変更がないことを確認してます。来年も確認してから提出します。

で、今度は、さっきお預かりした書類を元に、貨物運送事業者の事業報告書と実績報告書の作成に取りかかりました。すると、別の貨物自動車運送事業を行っているクライアントさんから「減車届を作成して提出して欲しい。」との連絡が入りました。一旦、事業報告書の作成を中断し、減車届作成で必要になる車検証コピーを送ってもらい、急ぎ届出書を作成。午後、そのクライアントさんへ伺い、届出書に捺印。戻ってから、事業報告書の作成を再開しました。

というわけで、出入りが激しい日でしたが、貨物運送業に関する書類を作成していて、内容は違っても、同じ貨物運送業に関する書類作成というのは、頭の切替があまり必要ではないので、正直なところ楽なことがあります。
これが、貨物運送業に関する書類を作っていて、建設業などの別の許認可や登録に関する書類作成、あるいは相談を受けると、頭の切り替えが大変です。しかも、ほとんどがこのようなケースです。
今日のように、ある許認可関係の書類を作っていて、同じ許認可関係の案件を受けるということは希です。「こんなこともあるんだなぁ。」と感じ、「できたら、こんなことが続くと嬉しいなぁ。」と思った日でした。


行政書士 佐藤博英のwebサイト
(建設業許可申請、産廃収集運搬業許可申請などの許認可申請をサポートいたします)
http://www.satoh-office.jp/

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0