So-net無料ブログ作成

移動、移動の連続

ご訪問有り難うございます。
千葉市中央区で行政書士をしている佐藤博英です。

今日は、朝一番で東金市にある「山武土木事務所」へ「建設業事業年度終了届」を提出しに行き、次に、木更津市にある「君津土木事務所」へ「建設業事業年度終了届」を提出しに行き、次いで、千葉市にある「千葉土木事務所」へ「建設業更新許可申請書」などを提出してきました。

「事業年度終了届」は郵送提出が認められていますが、明日までに「決算報告書」を返さなければならなかったので、無茶な移動は承知の上で、直接窓口へ提出することにしました。

東金から木更津までは距離がかなりある上、とにかく午前中までに提出を終えたかったので、東金有料道路、館山自動車道と高速道路を使いました。
東金有料道路を走るのは、何年ぶりという位、ずっと走っていませんでした。本当に久々に使いました。

館山道に接続し、木更津に向かう最中、天気も良いせいか、サーフボードらしきものを積んで走る車を何台か見かけました。
こういう車を見る度「この時間走ってる車の中で、一体何台が仕事で走ってるんだろう?」と考えてました。

木更津から千葉までの移動は一般道を使いましたが、千葉土木事務所に着いたのは11時20分頃。当初予定していた時間よりも早く着くことが出来ました。
ここまで、かなり順調。

しかし、更新許可申請書の提出を終えたところ「定款は提出済みですか?」との担当者からの指摘。

添付した履歴事項全部証明書に目的変更が登記されていたことは承知していたのですが、毎年提出すべき「事業年度終了届」はクライアントさん自ら作成して提出していたので、「提出していたかな?いや、提出したに違いない。」と都度よく判断し、定款を用意していませんでした。

クライアントさんに確認したら「定款を提出?どこに?たぶん提出してない。」だったので、午後、定款を預るため伺うことにしました。

クライアントさんによると「目的変更後の定款はある。」との話しでしたが、万一に備え、一旦、事務所に戻り、だいぶ昔の資料から「定款」を探し、現在までの法令変更などを加味したものを用意し、クライアントさんへ持参しました。

やはり「目的変更後の定款」はありませんでした。渡されたのは、目的変更を決議した議事録でした。

定款を用意して良かったです。
まぁ最初から、万一に備えて定款を用意して添付すれば、このような事態は避けられたのですが。
想像力の欠如というやつです。

再び、土木事務所へ行き、捺印済みの「定款」を提出。これで正式に更新許可申請書が受理となりました。

で、また事務所に戻り、午前中提出した「事業年度終了届」をクライアントさん宛に発送する作業を行い、郵便局へ。次いで、隣にある法務局へ行き、「成年後見登記を受けていないことの証明書」を取得。

事務所に戻ったのは、16時半。ここで、やっと外出が終了。

朝7時20分頃に出発したので、都合、9時間近い外出でした。
自分の想像力の欠如が引き起こした結果とはいえ、この暑さの中の移動、移動の連続は、しんどかったです。

行政書士 佐藤博英のwebサイト
(建設業許可申請、産廃収集運搬業許可申請などの許認可申請をサポートいたします)
http://www.satoh-office.jp/

佐藤行政書士事務所のwebサイト
(建設業、産廃収集運搬業、宅建業などの申請手続をサポートします)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hsato/



行政書士ランキング
nice!(0) 

nice! 0