So-net無料ブログ作成

納税証明書は交付できないと言われたけど

ご訪問有り難うございます。
千葉市中央区で行政書士をしている佐藤博英です。

今日は、午前中、来月「経営事項審査申請」を行うクライアントさんへ伺い、決算報告書や工事請負契約書などを預り、併せて申請書などに捺印もさせて頂きました。

その足で、管轄の県税事務所、税務署へ寄り納税証明書を取得することにしました。

ここで問題発生。
県税事務所で納税証明書の交付申請を行ったところ、結構な時間が過ぎても、なかなか交付されません。
で、言われたのが「納付した記録が見当たらないので、証明書は交付できません。納付した際の領収証の原本を持参して下されば、交付できます。」とのこと。

納税証明書は税金の納付があった日から14日以上経たないと、納付記録が反映されない仕組みになっていることは承知しています。
ちなみに、14日以上経過しないと反映されないのは、国、県、市町村とも同じです。

9月下旬に電子申告をしたのは、決算書類から分かったのですが、納付した日は分かりません。おそらく14日以内に納付したのだろうと思い、さっき伺ったクライアントさんへ電話をして、領収証を預りに、再び、クライアントさんの所へ行きました。

で、用意して貰った領収証を見ると、納付日は先月上旬でした。既に、3週間以上経ってます。

その領収証を持って、再び県税事務所へ行き、「納付した日は先月上旬で、3週間以上前でしたよ。」と告げ、納税証明書の交付を再申請。

結構な時間が経った後、無事、納税証明書が交付。

次に税務署へ向かいました。万一に備え、国税の領収証も預かっていたのですが、何も言われず、数分の後、納税証明書が交付されました。

同じ日に国税と県税を納付したのに、一方では納付記録が見当たらないと言われ、一方では直ぐに証明書が交付。

国と県ではこんなにもデータ反映に違いがあるのか、或いは、知ってはならない何かすごいシステムトラブルが起こってしまったのか、気になりましたが、証明書が交付されたので、良しとします。

行政書士 佐藤博英のwebサイト
(建設業許可申請、産廃収集運搬業許可申請などの許認可申請をサポートいたします)
http://www.satoh-office.jp/

佐藤行政書士事務所のwebサイト
(建設業、産廃収集運搬業、宅建業などの申請手続をサポートします)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hsato/



行政書士ランキング
nice!(0)